Profile

イギリスのトラディショナル音楽とロックを融合させたグル-プ ヴァーミリオンサンズ  にてギタ-とハ-プを担当。 87年にファ-ストアルバム Water Blue 発表後、ケルトの伝統的なスタイルである金属弦を張ったケルティックハ-プでアイルランドのトラディショナル音楽の演奏活動を始める。

主な活動としてアイルランド大使公邸にて皇后陛下を招いてのレセプション、アイルランドのオキャロランフェスティバル、93年日本で開催されたケルティックフェスティバル、秋篠宮御夫妻を招いてのエメラルドボ-ルなどでの演奏、またポップユニット ザバダック  のレコ-ディング参加、CM音楽の演奏ど。

1993年  ヴァ─ミリオンサンズが参加したオムニバスCD 7 Days of a Life  がフランスMUSEA レ-ベルより、 翌94年には東京で活動している民族音楽の演奏家達とによるCD  東京楽士・世界の音と遊ぶ が発売。

1999年 18世紀以前のアイルランドのハ-プ音楽を演奏した1stソロCD クラルサッハ     をパイオニアLDC (バイオスフィアレコード) より発表。 翌2000年 AM FM全国ネット NHK ラジオ深夜便サウンドオアシス に生演奏出演。

2003年 本人が作曲と演奏をした楽曲を含むアニメ-ション音楽のサントラ  灰羽連盟~サウンドトラック ハネノネ  をパイオニアLDCより発表。 2006年 最も高名なアイルランドの吟遊詩人の作品を集めた2ndソロCD  アイルランド最後の吟遊詩人 オキャロランの世界  を発表。  後に雑誌「たまごクラブ 」にて胎教にお勧めのCDとして紹介される。

その後はヨーロッパ各地の伝統音楽的な響きの中にも ノスタルジックな香り漂うオリジナル音楽を演奏するユニット ハンドリオン フェオエ などの演奏を行い複数のCD作品を残す。(以下参照)   また現在は多く演奏家と共に様々なユニットにてオリジナル曲やヨーロッパ伝統音楽を中心とした演奏活動を展開している。

2010年 全曲オリジナルによるハンドリオン1st CD ムジカハンドリオン 発表。         2012年 世界遺産プロジェクトin平泉 久遠の鐘 に楽曲提供と演奏にて参加。       2013年 2ndソロCD  アイルランド最後の吟遊詩人 オキャロランの世界 リマスター盤再発。同年  関西のケルト音楽オムニバスCD ケルトシットルケVol.3 に楽曲提供と演奏にて参加。 2014年 全曲オリジナルによるハンドリオン2nd CD 森のサーカス夜奏会  発表。          同年 東京演劇アンサンブル創立60周年公演 無実 の舞台音楽を担当。